酒井 茜(ピアノ) Akane Sakai

名古屋生まれ。ピアノ教師の母のもと、幼少よりピアノを始める。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学にて三浦みどりに師事。卒業後ベルギー渡り、ブリュッセル音楽院にてエフゲニー・モギレフスキー、ルーヴァン音楽院ではアラン・ヴァイスの元1等賞を得て大学院過程を卒業。

その後パーヴェル・ギリロフ、リリア・ジルベルシュタインに師事し研鑽を積む。
さらにマルタ・アルゲリッチからは定期的にアドヴァイスを受ける。

NPO法人イエローエンジェル奨学生、文化庁海外派遣新進芸術家研修生に選ばれた。

クレメラータ・バルティカ、シンフォニア・ヴァルソヴィア、スイス・イタリア語放送管弦団、東京交響楽団、マンチェスター室内管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団などのオーケストラとアレクサンドル・ヴェデルニコフ、ジャン・ジャック・カントロフ、大友直人、ガボール・タカーチ=ナジなどと共演。

数々の音楽祭から招待されており、ラ・フォル・ジュルネ(東京、ナント)PMF音楽祭(札幌) ラ・ロック・ダンテロン(フランス)ショパンと彼の音楽祭(ポーランド) ルガノ音楽祭(スイス)別府アルゲリッチ音楽祭なとがある。

 バッハからプロコフィエフ、バルトーク、武満等レパートリーは幅広く、最近では特にシマノフスキ、マチイエフスキ、ヴァインベルグ、シュピルマンなど第1次世界大戦後のユダヤ系ポーランド作曲家の作品の発掘に力を注いでいる。

室内楽にも造詣が深く、マルタ・アルゲリッチ、ギドン・クレーメル、イヴリー・ギトリスから信頼が厚く、共演の数も多い。

堀米ゆず子、木嶋真優、川本嘉子、ニコラス・アンゲリッチ、ボリス・ベレゾフスキー、エフゲニ・ボジャノフとも息の合った演奏を聴かせている。

録音はワーナーミュージック、グラモフォンよりルガノ音楽祭のライヴ、初のソロCDがキングインターナショナルから発売され、レコード芸術誌特選盤に選ばれた。

 2017-2018シーズンは 岐阜サラマンカホールでのギドン・クレーメルとのトリオを始め、カナダツアーなどが予定されている。またマルタ・アルゲリッチと指揮者イオン・マリンとハンブルグ交響楽団との新しいフェスティバルのアシスタントとしても企画、演奏共に参加することになっている。