ミシェル・コルボ(指揮) Michel Corboz
1934年スイス西部のマルセンスに生まれる。
 フリブール音楽院で声楽と作曲を学び、卒業後ローザンヌのノートルダム・ドゥ・ヴァランタン教会の合唱長に迎えられた。’61年にはローザンヌ声楽アンサンブルを組織し、ルネサンス期からバロック初期にかけての合唱音楽の復興を目指してコンサートにレコーディングにと積極的な活動を行った。’64年からエラートへの集中的な録音が始まる。モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」「倫理的・宗教的な森」歌劇「オルフェオ」等次々と発表し、熱烈な評価をもってコルボの名を確固たるものにすると同時に、モンテヴェルディという音楽史にそびえる大作曲家を世界に知らしめた。
 ’69年よりリスボンのグルベンキアン財団合唱団・管弦楽団の指揮者に迎えられ、ローザンヌとともにコルボの活動に中心地となる。
 バロック初期までだったレパートリーも古典派からメンデルスゾーン、ブラームスなどのロマン派へと拡がりを見せ、さらに多くのレコーディングを行った。
 そのような中、’72年女声の代わりに少年合唱とボーイ・ソプラノを起用した、フォーレ「レクイエム」を発表し、その比類ない美しさと清澄な祈りは今も高く評価されている。
 ローザンヌ声楽アンサンブルとは、’89年、’00年、’03年に来日し、J.S.バッハの「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ」等を披露。ラテン的で透明感のある暖かな音楽性は聴衆に多大なる感銘を与えた。
 スイス西部の州都であるフリブールでは二年に1度「ミシェル・コルボ音楽祭」が催され、コルボの業績が讃えられている。