カティア・ブニアティシヴィリ(ピアノ)Khatia Buniatishvili
 1987年ジョージア(旧称グルジア)のトビリシ生まれ。6歳よりリサイタルやオーケストラとの共演を行っている。
  ’03年ホロヴィッツ国際コンクールでは、特別賞受賞。トビリシ国立音楽院在籍時に’05年第3回トビリシ国際ピアノ・コンクールで入賞した際、審査員であったオレグ・マイセンベルグからウィーン国立音楽大学への転入を薦められその後BSI の奨学金によって、ウィーンでマイセンベルクの下で学んだ。

 ‘08年にはショパン、ピアノ協奏曲第2番でカーネギーホールにデビュー。同年アルチュール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール3位並びに最優秀ショパン演奏賞、オーディエンス・フェイヴォリット賞受賞。

 その後、ケント・ナガノ、ミハイル・プレトニョフ、パーヴォ・ヤルヴィ、ネーメ・ヤルヴィ、ウラディミール・アシュケナージ、チョン・ミョンフン等の著名な指揮者との共演、また、パリ管、フランス国立管、イスラエル・フィル、フランクフルト放送響、ウィーン響、フィラデルフィア管、ミュンヘン・フィル、等世界の著名オーケストラにもソリストとして登場している。また彼女はヴェルヴィエ、ルツェルン、アスペン、アムステルダム、メニューイン、サンクトペテルブルグ、BBCプロムス、ザルツブルク、MDRライプチッヒ、ラ・フォル・ジュルネ、マルタ・アルゲリッチ・プロジェクト等の各音楽祭にも定期的に招かれている。
 世界の主要都市でリサイタルを行っているが室内楽も数多く、ルノー・キャプソンやトゥルルス・モルク、ソル・ガベッタ等とのデュオやギドン・クレーメル・トリオ等で活躍しておりCD録音でも高い評価を得ている。
 ソニークラシカルの専属として’11年リスト・アルバムでCDデビュー、翌年ショパン・アルバム、’14年の新譜「マザーランド」(レコード芸術特選盤)を発表。
 ’10年にはボルレッティ・ブイトーニ財団賞を受賞、2011〜12年のシーズンにはウィーン楽友協会とウィーン・コンツェルトハウスの「ライジング・スター」にノミネートされた。’12年はベルリンにおいて権威ある「エコー賞」を受賞した。


カティア・ブニアティシヴィリ オフィシャルサイト
http://www.khatiabuniatishvili.com/